美容好きがチャレンジする資格、日本化粧品検定を受けてきました!

10代の頃からニキビに悩まされ、33歳になった今は乾燥性敏感肌に悩まされています。

鏡を見るのが憂うつになるくらいの肌荒れ、もっと楽しい気持ちで毎日を過ごしたいのに・・・。

色んな情報が収集できるTwitterで、化粧品の情報をチェックしているなかで見つけた「日本化粧品検定」。

3級が、「Webで受験できる」との事でさっそくチャレンジしました!



3級は、「自分の知識を正す」事が目的です。

間違えがちな化粧品・美容の知識の基礎をあらためて知る事が出来ます。

ネットで4択式の20問の問題に答えて、80%合格である16問に正解すれば合格です。

Web受験なので気軽に受けられますが、合格したら合格証書画像入りのメールが送られてきます。

希望すれば合格証書を発行・郵送してもらえるので、気軽に受けられるけど資格に合格した満足感があります。



2級の目的「自分がキレイになる」への関心が高まり、2級の受験を決めました。

「美容大好き!」・「美容雑誌を読む」という方であれば、なじみのある事がテキストに載っています。

スキンケアでこだわっていた事がこだわらなくて良い、良かれと思った事が違っていた事に気づかせてくれる資格です。



1級は「化粧品の専門家を目指す」ことが目的で、歴史や法律についても学びます。

化粧品の成分についてを学ぶので、化学の勉強をしているみたでした。

敏感肌なので、自分のためにも1級合格も目指しています。



1級合格者は、「コスメコンシュルジュ」にチャレンジする資格が得られます。

あらゆる肌悩みに対して最適な化粧品を選びだせるプロとして認定されます。



検定試験と聞くと身構えてしまいそうになりますが、好きな事をより深く知る事もできる機会になる資格です。

気になった方は、まずはWebで3級の受験をおススメします。