美容師と理容師の違いはシェービングができるかできないかの違い

美容師と理容師との違いを、あなたはご存知でしょうか。主に美容師は女性の、理容師は男性の髪を整えるという見方が一般的ですが、これはすべてに当てはまるわけではありません。男性が美容院に行くこともあるし、女性が理容室に行ってカットをしてもらうこともあるでしょう。この両者の大きな違いは、シェービング、つまり顔そりができるか否かの違います。一般に理容師はシェービングができますが、美容師はできないとされています。しかし美容師でも、シェービングをすることはできます。ただしその場合は、あくまでもメークの乗りをよくするなど、化粧に付随するものであることが条件です。ですから美容院で、シェービングのみのメニューを設けることはできません。そのため、女性でシェービングをしてほしい時は、やはり理容室に行くのがいいでしょう。今はレディースシェービングのメニューがある理容室も多く、丁寧に剃ってくれますし、パックやマッサージをしてくれる店もあるので、肌の状態もとてもよくなります。