美容業界に就職・転職する時に取得しておきたい資格

美容業界に就職しようと考えた時、取得しておくと有利な資格があります。化粧品を扱いたい人にオススメなのが、「美容薬学検定」と「日本化粧品検定」です。

美容薬学検定は、健康と美容にまつわる体の基礎知識から、化粧品やサプリの成分に至るまでを学ぶ資格です。化粧品だけでなくて、エステや美容師を目指す人にもオススメの資格です。試験は1種類ですが、正解率によって2級と1級に振り分けられます。試験は毎年夏に1回行われ、合格率は80%ほどです。

日本化粧品検定は、化粧品にまつわる資格です。美容業界や化粧品業界に進もうとする人は、ぜひ取得しておきたい資格です。受験者の7割は美容・化粧品業界で働いています。3級から1級まであり、2級までは比較的簡単に取得できます。1級は法律の知識などが絡んだ問題が出題され、難易度が高くなります。試験は春と秋の2回行われます。

これらの資格を取得しておくと、お客様との間に信頼関係を築きやすくなり、就職や転職の際も有利になります。