美容系の資格の一つ、「ネイリスト」

ネイリストは、健康で美しい爪や指先を生み出す仕事です。 主に行うのはネイルケアですが、「二枚爪の修正」「エクステンション」なども行うことがあります。 もともとはアメリカで生まれた仕事であり、日本では97年に資格制度が設けられました。 1級から3級まであり、3級は基礎的な内容ですが、1級ともなるとアメリカの試験と同レベルの知識と技能が求められます。 受験者は、やはり圧倒的に女性が多くなっています。

また、施術中は顧客と1対1の状況となるので、「人と話すのが好き」ということが求められますし、ネイルアートの技術だけでなく、独自のセンスなども磨いて行く必要がありますが、自分のスキルが目に見える形で現れるので、やりがいのある仕事がしたい人に向いています。 そして、昨今はネイルアートの人気が高まっているので、ネイルサロンはもちろんのこと、ヘアサロン・エステサロンなど活躍の場は広がっていますし、経験を積んで技術と人脈を得れば、独立開業なども可能です。